<送料別途>山椒ソーセージ 160g

価格: ¥960 (税込 ¥1,036)
[ポイント還元 10ポイント~]
予約期間: 2017年07月16日12時00分~
2017年07月31日23時59分
メーカー: 伊吹ハム
型番: sausage_0008
数量:

返品についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星半分 4.7 (31件)

twitter

▽山椒ソーセージの販売再開について▽
本年の伊吹山椒の収穫量と工場の生産量の兼ね合いから、
誠に勝手ながら、1ヵ月毎の販売量に制限をかけさて頂きます。
1注文に付き5本までお買い求め頂けます。
※毎月1日・16日に受付在庫量の更新が行われます

また、今年(2017年)の「伊吹山椒」の収穫量が芳しく無く、
原材料の高騰を受けまして販売価格を改定させて頂いております。
申し訳ございませんが、ご了承頂けます様お願い申し上げます。

▽発送日付指定について▽
2017/7/7以降の発送に関しましては、毎週金曜日23:59を週間受付の締め切りとし
翌週火曜日(振り替えの場合水曜)に工場から定期発送処理を行わせて頂きます。
「お届け希望日」を指定される場合は、該当週の定期発送日以降の日付をご指定下さい。
尚、「お届け希望日」は注文日から起算し最大30日先までご指定して頂けます。
例)2017/7/20にご注文頂いた場合の商品発送は、2017/7/25の発送になります。

※「お届け希望日」を定期発送日より前に指定されている場合は、
弊社よりご連絡させて頂きます。



体重を支える締まった部位の肉を丁寧に取りほぐし、特製のスパイス調味料でじっくり漬け込みます。
年間での収穫可能期間が10日前後のみの「伊吹山椒」のやわらかな実を絶妙なバランスで練りこんだソーセージです。
肉の味をしっかりと楽しめると供に、口の中に山椒のさわやかな香りと「ピリッ」とした刺激がお楽しみいただけます。
スライスしてそのまま召し上がって頂く他に、表面を焦がさないように少し炙って頂くと風味が一層強くなります。
※刺激が苦手な方には、ベース(プレーン)となっておりますビアソーセージをお勧めいたします。


2017/1/2に、TVTOKYO「男子ごはん」様にて「裏トーク大賞 1位」を受賞いたしました。

~山椒と伊吹山椒について~
山椒は、寿命の短い部類の植物で7~8年ほどで枯れて次の世代に入れ替わってゆきます。
山間部で育つ伊吹山椒は、冬の厳しい寒さと雪などの関係からおおよそ5年程になっています。
不思議なことに山間部で育つ同じ株を、平地で育成すると葉の形などがまったく
別物になってしまい独特の香りを持つものに育ってはくれません。
伊吹山の大自然の中のみ育ち、限られた地域でしか収穫できない貴重な実を
丁寧に、大切に手摘みしております。
(伊吹山の降雪量は、「降る量」においては世界一のギネス記録をもちます)

商品説明

加熱食肉製品 国産肉使用 豚モモ部位使用 アレルギー表示(原材料の一部に乳・大豆を含む)豚肉処理 ≪日本フードパッカー鹿児島(株)【国際規格:SQF2000CM 認証 NFP鹿児島:No.10160】≫

商品仕様

製品名: 山椒ソーセージ
型番: sausage_0008
メーカー: 伊吹ハム
製造年: 2017年
製品重量: 160g

お客様の声

井上哲雄様 投稿日:2017年07月22日
おすすめ度:
程よい山椒の薫りとピリピリ感がとても良いです、酒のつまみにはもってこいかと。美味しさにハマってしまいリピートしています。
パテックフィリップ様 投稿日:2017年07月13日
おすすめ度:
リピートしたくなる味。また注文しますね。
アウトドア様 投稿日:2017年07月13日
おすすめ度:
もう、この美味しさにハマってしまいリピートしています。
他の商品も興味があるので次回買ってみようかと思います。
送料が5000円以上無料になると嬉しいですね。
もっと見る

関連商品

 

fax

FAX注文こちらから

kanin

新規会員登録でプレゼント


topサイド

ハム   width=

ウインナーソーセージ    width=

ベーコン   width=

スモークチーズ   width=

ギフトセット   width=

ギフトボックス   width=

topサイド



カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 振替定休日

ホームページからお買い上げのお客様は赤・黄色の日は定休日です。 定休日はメールの返信、お電話での対応と出荷業務をお休みさせていただいています。 ご注文は年中無休で承っております。

店長のあいさつ

手づくり伊吹ハム代表高木 宏茂

どんなに作業に手間ひまがかかろうと、決して手づくりの品質と味には妥協しない、「何が儲かるか」ではなく、「何が正しいか」という物づくりの道を守り続けることが、私たちのこだわりです。
そして、自分が心底惚れこんだハムの味に、最初に出会えた時のあの感動を、皆さんにもお届けしたいという思いが、伊吹ハムの原点です。





sqf2000 01

六白


shoukai12.gif







 

ヤマト

 

QR

ページトップへ